新たに食品営業をはじめたい方に

新しく営業をはじめる場合

・食品を取り扱う業種により食品衛生法又は条例により県知事(長野市長)の営業許可が必要になります。営業許可を受けるには施設が知事の定めた基準に合致していることが前提となります。
・許可を申請すると、保健福祉事務所(保健所)の食品衛生監視員が施設確認を行い、基準に適合することが確認されると営業許可証が交付され、初めて営業を開始することができます。
・食品衛生協会では、申請手続のお手伝いや営業を始めるのに必要な衛生資材を扱っています。
食品衛生協会への問合せはこちら
また、県知事(長野市長)委嘱の食品衛生推進員が相談・指導に応じています。

事前に保健福祉事務所の食品・生活衛生課(長野市は保健所の食品生活衛生課)に相談

・施設の工事に着工する前に、施設の設計図面を持って保健福祉事務所(保健所)に相談してください。相談をしないで工事を進めた場合、施設完成後に手直しが必要になる場合があります。
保健福祉事務所(保健所)の相談はこちら
・食品営業を始める際には施設又は部門ごとに「食品衛生責任者」をおかなければなりません。

食品衛生責任者になるための条件

(1)栄養士、調理師、製菓衛生師、食品衛生管理者などの資格を持っている者
(2)食品衛生責任者養成講習会受講終了者等

その他申請時に必要になる書類

・井戸水等を使用する場合は、水質検査を受けて飲用適であることを証する成績書
・食品従事者が検便を行ったことを確認できる書類
これらの検査は食品衛生協会で実施しています。

許可を取得したら食品衛生協会に加入を

・食品営業許可は有効期限があります。会員には許可更新時に葉書で手続き方法を通知しています。
・会員になれば、万が一の事故に備えて、安い掛け金での食品営業賠償共済(あんしんフード君)に加入が出来ます。
食品衛生協会の活動はこちら

食品営業の許可が必要な業種

調理業・飲食店営業・喫茶店営業
製造業・菓子製造業
・あん類製造業 
・アイスクリーム類製造業
・乳製品製造業
・食肉製品製造業
・魚肉ねり製品製造業
・清涼飲料水製造業
・乳酸菌飲料製造業
・氷雪製造業
・食用油脂製造業
・食品の冷凍又は冷蔵業・マーガリン又はショートニング製造業
・みそ製造業
・しょう油製造業
・ソース類製造業
・酒類製造業
・豆腐製造業
・納豆製造業
・めん類製造業
・そうざい製造業
・かん詰又はびん詰食品製造業
・添加物製造業
○つけ物製造業
処理業・乳処理業
・特別乳業さく取処理業
・食品の放射線照射業・集乳業
・食肉処理業
販売業・乳類販売業
・魚介類せり売営業
・食肉販売業・氷雪販売業
・魚介類販売業
○水産加工食品販売業
○魚介類行商

※注)○は「食品衛生に関する条例」に基づく許可業種です。

一般社団法人 長野県食品衛生協会 (新)