食品衛生責任者とは

  1. 条例における規程
    • 「食品衛生法施行条例」第3条の公衆衛生上講ずべき措置の基準により、食品取扱者の中から営業者は施設又は部門ごとに食品衛生責任者を選任しなければならないとされています。
  2. 食品衛生責任者の役割
    • 食品衛生責任者は衛生管理について営業者に進言し、営業者に協力して衛生管理に当たらなければなりません。
    • 製造、加工、調理、販売等が衛生的に行われるため、従業員に対して教育を実施しなければなりません。
    • 食品衛生責任者は定期的に知事が定める補習講習会(下記に記載)を受講し、常に新しい知識の習得に努めなければなりません。
  3. 食品衛生責任者の資格
      食品衛生責任者になるためには、次の資格を有する必要があります。
    • 栄養士、調理師、製菓衛生師又は食鳥処理衛生管理者、食品衛生管理者※の有資格者
    • 医師・歯科医師・薬剤師・獣医師又は学校教育法に基づく大学で、医学・歯学・薬学・獣医学・畜産学・水産学・農芸化学の課程を修めて卒業した者等
    • 長野県知事(長野市長)等が行う食品衛生責任者を養成するための講習会を受講し修了した者
      (長野県食品衛生協会では、長野県知事(長野市長)が指定した食品衛生責任者を養成する講習会を開催しています≫日程はこちら

食品衛生責任者の補習講習会とは・・・受講の義務

  • 食品衛生責任者は定期的に知事が定める補習講習会を受講し、常に新しい知識の習得に努めなければなりません。
  • 食品衛生責任者を対象とした補習講習会を、飲食店関係、製造業、販売業の3つの業態毎に3年周期で開催しています。
  • 開催日程
    • 県内各地域での開催日程(食品衛生責任者補習講習会日程)はこちら
    • 長野市以外での開催・・・お問い合せは県内各地域の県保健福祉事務所へお願い致します。
      • 県主催・食品衛生責任者補習講習会の内容と時間割
    • 長野市の開催・・・お問い合せは長野市保健所へお願い致します。
      • 長野市主催・食品衛生責任者補習講習会の内容と時間割

一般社団法人 長野県食品衛生協会 (新)