当協会の概要

食品衛生協会とは

 一般社団法人長野県食品衛生協会は、飲食に起因する感染症、食中毒その他危害の発生を防止するため、食品衛生思想の普及並びに食品の品質の向上を図り、もって公衆衛生の増進に寄与し、業界の振興に資することを目的として様々な事業を行っています。
 長野県や関係自治体と連携をはかり食品等事業者の自主管理体制の確立を目指すとともに、会員・県民への食品衛生関係情報の提供に努めています。
 具体的には、食品衛生推進員及び食品衛生指導員による指導・助言を始め、食品検査、食品従事者の健康管理、食品衛生講習会など実施しています。
 また、会員のための食品営業賠償共済の取り扱いや顧問弁護士による無料法律相談を開設し営業の安定化を支援しています。

営業の安定化を支援

食品衛生行政と食品衛生協会の関係

長野県食品衛生協会の沿革

  昭和 24 年   長野県食品衛生協会(設立)
  昭和 47 年   社団法人長野県食品衛生協会(認可)
  昭和 49 年   食品衛生センター(竣工)
  昭和 49 年   食品衛生試験研究所(開所)
  昭和 62 年   食品衛生試験研究所松本分室(開所)
  平成 元 年   松本食品衛生検査所開所(名称変更)
  平成 16 年   厚生労働大臣登録検査機関
  平成 25 年   一般社団法人長野県食品衛生協会(認可)
  令和 3 年   松本食品衛生検査所の検査部門を長野本部に統合し、松本事務所を開所

関連資料

  ≫組織体系図(2021/04/01~)

  ≫役員名簿(2020/06/29~)

案内図と連絡先

   ≫案内図と連絡先を表示

一般社団法人 長野県食品衛生協会