食品衛生法の一部改正により、大きく制度が変わります。

法改正
  1. 食品衛生法の一部改正/長野県ホームページ
    前回の食品衛生法の改正から15年が経過しており、食を取り巻く環境の変化や国際化などに対応して食品の安全を確保するため、食品衛生法等の一部を改正する法律(平成30年6月13日法律第46号) が公布されました。
  2. 主な変更点として営業許可制度の見直し、営業届出制度の創設や原則としてすべての食品関連事業者を対象としたHACCP(ハサップ)に沿った衛生管理の制度化があります。
    1. 食品営業の許可または届出の概要(PDF)
    2. HACCP沿った衛生管理(厚生労働省説明会資料抜粋)(PDF:5,094KB)
  3. なお今後、法改正の内容や進捗状況については、随時発信されて行きます。
  4. また、法改正に関する説明会を令和3年5月まで、保健福祉事務所(保健所)ごとに毎月開催しています。
説明会資料
説明会基本資料(長野県)(PDF:446KB)(実習資料は掲載していません。)
説明会スライド資料(長野県)(PDF:2,995KB)
厚生労働省 政省令等に関する説明会資料(PDF:21,577KB)

「政省令等改正に関する説明会」厚生労働省のオンライン動画(12月21日から)

Q&A(厚生労働省)≫営業許可制度の見直し及び営業届出制度の創設に関するQ&A≫HACCPに沿った衛生管理の制度化に関するQ&A